パッケージソフト開発・販売

Multi Visual Controller
(マルチビジュアルコントローラー)

DIGITAL SIGNAGE SYSTEM

可能性は無限大。

屋外や交通機関、店頭、公共施設などで大型ディスプレイに流れるCMをご覧になったことはありませんか?
このような公共施設や店頭などに設置されたディスプレイに映像や情報を表示する仕組みをデジタルサイネージ(電子看板)と言い、新しい広告媒体として今、注目されています。

利用シーン

効果的な情報をタイムリーに配信
デジタルサイネージの一番の特徴は、「時間」や「場所」に応じた的確な情報発信ができる点です。
例えば、駅構内に設置してあるデジタルサイネージを例にとると、朝の通勤時間帯はサラリーマン向けにニュースやお天気、もしくはゴルフ場や旅行などの広告を表示し、お昼時には主婦や高齢者などを対象とした飲食店やデパ地下などの広告を表示することができます。
時間や場所に応じて的確にターゲットを絞ることで、より効果的な情報を発信できる広告ツール、今まであったでしょうか?
最高のコストパフォーマンス
従来のポスターなどの紙媒体や看板では、デザイン、作成、設置、張り替えなど、多くの手間やコストを必要としていました。
デジタルサイネージでは情報配信をPCで行うため、そういったコストは必要ありません。
そのうえ従来のポスターなどと違い動画や音声などが配信可能な為、今まで以上の広告効果が期待できます。
複数ディスプレイを一括管理
デジタルサイネージでは各ディスプレイの管理を一括して行うことができます。今、どこに、どのコンテンツが配信されているか一目で確認できるので配信ミスもなくなります。
さらに、緊急情報などの配信が求められたときも一括管理だからすぐに対応することができるのです。

画面操作イメージ

デザイン。機能。使いやすさ。全てがナンバーワン。

フリーレイアウトやマルチモニター、他システム連携。
欲しかったものをすべて詰め込んだらこの形になりました。他には真似できない使いやすさ。是非体感してみてください。

フリーレイアウト

ディスプレイを自由な大きさで分割し、独自のレイアウトを作成することも。
ディスプレイの分割は簡単なマウス操作で直感的に行うことができるため、思いのままのレイアウトが実現できます。

自由自在にレイアウト

パターン編集機能では、思いのままのレイアウトをすぐに表現することができます。
各素材の配置方法は、マウスをドラッグし直感的に行えるほか、サイズの直接入力も可能なのでより忠実にあなたの思い描いたレイアウトを表現することが可能に。
作成したレイアウトパターンはいくつも保存しておくことが可能なので、配信したいコンテンツに合わせたレイアウトで情報発信ができます。

システム構成

システム構成例(1対1)

システム構成例(N対N)

他システム連携

既存の業務基幹システムなどと連動し、情報の取込・データ抽出・表示を自動で行えるようにカスタマイズすることが可能です。
既存の情報資産を有効に活用することで、オリジナリティあふれる情報発信を行うことができるようになります。

既存教務システムとの連携

既に運用されている既存の教務システムとの連携が可能です。
複数の教務システムとの連携実績がございますので、現在の運用を変えることなくお知らせ、学生呼出、休講・補講・教室変更情報等学生に伝えたい情報が自動で掲示可能です。
教務システムのデータが更新されると表示にもリアルタイムで反映されるので別途表示用のデータを入力したり編集したりする必要はありません。
連携方法としては、教務システム内のデータベースへの直接連携もしくは共有フォルダ経由のCSVデータ連携が可能です。
※教務システム内のデータベースへの直接連携に関しては教務システムメーカー様からのデータ情報開示が必要です。

CSV連携

既に運用されている既存の各種システム(教務システム・施設予約システム等)から掲示対象情報をCSV出力していただくことで、手間をかけず簡単に表示を行うことが可能です。
既存システムからデータ作成時や更新時にCSVファイルを作成していただくことで、表示データの作成及び更新が自動で行えます。
取り込む時間等は柔軟に設定ができますので、お客様のご要望に応じた連携が行えます。

MASISとの連携

キャンパスインフォメーションシステム [ MASIS ] と連携をすることにより、MASIS上で管理しているお知らせ、学生呼出、休講・補講・教室変更情報等学生に伝えたい情報が自動で掲示可能です。
MASISで必要な情報を登録・更新することにより、リアルタイムで表示に反映されるので別途表示用のデータを入力したり編集したりする必要はありません。
※キャンパスインフォメーションシステム [ MASIS(メイシス) ]は、大学様向けの休講・補講、学生呼び出しや各種お知らせ情報などをweb上で操作閲覧し、さらに大型モニターなどへ自動掲示する総合的なキャンパス情報活用ツールとして株式会社プランニングが開発した製品です。

御案内一丁との連携

催し物案内掲示システム [ 御案内一丁 ] と連携をすることにより、施設の予約状況に基づいた催し物総合案内(全館・階別案内)や部屋前表示案内等どの施設で何が行われているかをお客様にお知らせすることが可能です。
御案内一丁で必要な情報を登録・更新することにより、リアルタイムで表示に反映されるので別途表示用のデータを入力したり編集したりする必要はありません。
※施設予約システム [ 御案内一丁 ]は、宴会場や会議室などを日々簡単に予約の業務を行うだけで大型モニターなどへ自動掲示する予約情報活用ツールとして株式会社プランニングが開発した製品です。

ストリーミング配信システムとの連携

ストリーミングサーバから配信されている長時間の映像コンテンツや、
デジタルビデオカメラで撮影されたリアルタイム映像を表示することができます。

J-ALERTとの連携

全国瞬時警報システム(通称:J-ALERT)は、通信衛星と市町村の同報系防災行政無線や有線放送電話を利用し、緊急情報を住民へ瞬時に伝達するシステムです。
2004年度から総務省消防庁が開発および整備を進めており、実証実験を経て2007年2月9日から一部の地方公共団体で運用が開始されています。
Multi Visual Controllerでは、このJ-ALERTからのメールを解析し緊急性に応じてポップアップによる割り込み表示、あるいはテロップ等で表示させます。

導入事例

玉村宿(玉村道の駅)様

タッチパネルで特産物表示や道路交通情報などを案内しています。

幕張メッセ(国際会議場)様

当社独自の施設管理システム(御案内一丁)で予約された情報を自動的に当システムへ流し込み表示します。

山梨県立図書館様

担当者様が作成したコンテンツの他、太陽光発電量・地元のニュース・ブースの空き状況などを情報源としてシームレスに連携して自動表示しています。また、地震や火災といった緊急時にはモニターの状況に関わらず、5秒以内に緊急割込み表示を行い、避難を促します。

日本大学理工学部(御茶ノ水キャンパス)様

休校、補講、変更、お知らせ等の自動連携と各学科毎の案内に活用しています。

なかじま中央病院様

病院からのお知らせ、診察室の部屋前案内に活用しています。